東京でソフトウェア開発や企画のコンサルを依頼するなら~テレプレゼンスロボット導入のメリット~ | ソフトウェア開発は東京の【株式会社 Buz(バズ)】 | 株式会社 Buz(バズ)東京都千代田区二番町9-3THE BASE麹町 TEL:03-6869-1901

東京でソフトウェア開発や企画のコンサルを依頼するなら~テレプレゼンスロボット導入のメリット~

東京でソフトウェア開発のコンサル依頼を受付中!ソフトウェア開発は東京の【株式会社 Buz(バズ)】

東京でソフトウェア開発のコンサル依頼を受付中!ソフトウェア開発は東京の【株式会社 Buz(バズ)】

東京ソフトウェア開発コンサルを依頼したい方は、【株式会社 Buz(バズ)】へお問い合わせください。東京の本社と福岡市にある開発センターを拠点に、ハードウェア・ソフトウェア開発をはじめ、IT企画やヘルスケアマネジメント事業を展開しています。

今やインターネットが当たり前となっている世の中です。「ITを利用してもっと品質を向上させたい」、「IT業務の効率化を図りたい」などお考えの企業様はいらっしゃいませんか。お客様が希望とされるソフトウェア開発やシステム導入のお手伝いをさせていただきます。

東京でソフトウェア開発・企画を行う【株式会社 Buz(バズ)】の強み

東京でソフトウェア開発・企画を行う【株式会社 Buz(バズ)】の強み

東京でソフトウェア開発・企画を行う【株式会社 Buz(バズ)】では、コミュニケーションツールとして、テレプレゼンスロボットを販売しています。テレプレゼンスロボットを取り扱っているのは、現在、日本国内で2社しかありません。

テレプレゼンスロボットとは、簡単に説明すると遠隔撮影のできるロボットです。卓上で使用する小型タイプで、目線の位置にタブレットとカメラが設置され、相手と自然にコミュニケーションが取れる設計となっています。

また、【株式会社 Buz(バズ)】ではコスプレイヤー向けのマッチングサイトを作成しています。マッチングサイトでコスプレイヤーを集い、東京と名古屋のコスプレスタジオでテレプレゼンスロボットを使い、遠隔で撮影することが可能です。

テレプレゼンスロボットが未来を変える!遠隔撮影で可能にするコミュニケーションとは?

近年、世界ではテレプレゼンスロボットが徐々に浸透し始めています。遠隔操作による撮影が可能なテレプレゼンスロボットは、ひと言でいうと「動くテレビ会議」です。時間や距離の都合で移動できない場合、ご自分の代理として活躍してくれるのです。海外では、企業をはじめ、医療や教育の場でも既に利用されています。

その他にもソフトウェアやハードウェアなど、プラットフォーム向けの新端末として利用するなど、使い方は様々です。必要な場所に置いておくだけで、遠隔地からログインすればコミュニケーションが取れるので、どこにいても、そこにいるかのような対応ができます。まさしく、ロボットとIOTが未来を変えるといっても過言ではありません。

ソフトウェア開発の関連コラム

東京でソフトウェア開発を依頼するなら【株式会社 Buz(バズ)】

会社名 株式会社 Buz(バズ)
設立 平成29年6月
資本金 10,000千円
代表 代表取締役 塚川 仁喜
本社所在地 〒102-0084 東京都千代田区二番町9-3 THE BASE 麹町
TEL 03-6869-1901
営業時間 9:00~18:00(不定休)
URL http://buz-inc.com/
説明 ソフトウェア開発のご依頼でしたら、東京の【株式会社 Buz(バズ)】へお電話ください。サービスの効率化や品質向上などを考えた時、コンピュータが必要とされる場面は少なくありません。お客様のニーズをソフトウェア開発でサポートいたしますので、東京でソフトウェア開発をご検討中でしたらお気軽にご連絡ください。