高齢者住宅新聞にテレプレゼンスロボットが掲載されました‼︎

(日)にパソコン工房AKIBA Startupで開催された、テレプレゼンスロボットの体験イベントによる反響が大きく、その中でも医療介護分野の記事として高齢者住宅新聞に取り上げて頂きました。

テレプレゼンスロボットとは、遠方にいても、まるで自分がその場所にいるかのように仕事をしたり、会話をしたり、移動したりできるロボットです。総務省・厚生労働省が推進する在宅勤務・テレワークに適したハードウェアであり、これからの様々な活用が期待されています。

弊社では、遠隔撮影も可能としたC to C向けマッチングアプリを年内にローンチ予定。

マーケットとしては、サブカル業界のみならず、介護・医療・教育・育児などにも目を向け、新しい見守り商品として展開して参ります。